蒲郡市でハンバーグランチ、ディナーやパスタ、ピッツァなどお探しなら炭火焼ハンバーグ専門店いおり

蒲郡市 自家挽き炭焼きハンバーグ・ステーキ専門店 炭棟梁IORI

炭焼きハンバーグ専門店カフェいおり

ハンバーグには大きく分けて2タイプあるとIORIは考えます。「炭焼き」×「粗挽き」で肉本来の味わいを伝えるタイプと「細挽き」で玉ねぎなどを織り交ぜた「洋食」タイプです。IORIはこの2タイプを2種類ずつのハンバーグに展開しています。
炭火焼系は炭火特有の香り高さと肉の旨味をダイレクトに味わえるのが特徴で洋食系は落ち着いた繊細な味わいが特徴です。お客様はどちらがお好みでしょうか。一度吟味してみて自分に一番合ったハンバーグを見つけてみて下さい。

  • とろける食感「じゅわとろ」黒毛和牛ハンバーグ

    とろける食感「じゅわとろ」黒毛和牛ハンバーグ位と霜降り部を程よく配合し、つなぎ一切不使用の牛肉の挽きかたのみで独自のやわらかさとジューシーさが売りです。クセのないその味わいは肉本来のとろけるような味わいと甘みを実感することが出来ます。
    付け添えのわさびとの相性も抜群です。おすすめはお客様の目の前で切って鉄板に焼き付ける事で生まれる絶妙なミディアムレアです。

  • みずみずしい「肉のお刺身」男の「鐵」和牛ハンバーグ

    みずみずしい「肉のお刺身」 男の「鐵」和牛ハンバーグ当店のハンバーグの中で最も粗挽きな「極粗挽き肉」のみを使用しています肉のみずみずしさをダイレクトに伝える直球勝負のハンバーグです。別名「肉のお刺身」ハンバーグです。根強い人気がありリピートされるお客様が多くいらっしゃいます。
    同じくこのハンバーグもお客様の目の前で焼き上げます。おすすめはミディアムレアです。

  • 「絶滅種ハンバーグ」 ぷっくり「風船ハンバーグ」

    「絶滅種ハンバーグ」ぷっくり「風船ハンバーグ」時折お客様に「今じゃ珍しいね」といわれます。現代ではあまり見かけないハンバーグかもしれません。旨味脂でしっかりとハンバーグの肉汁と旨味を閉じ込めてパンパンに膨れ上がった風貌をしています。実は期間限定でデビューしたハンバーグですがこちらもお気に召されるお客様がおられ、今では4大ハンバーグの一角です。

  • 作り手泣かせの一品 「職人さん」のハンバーグ

    作り手泣かせの一品 「職人さん」のハンバーグこのハンバーグは「こね作業」で全てが決まります。一番いい状態でこねるのを見極めなければたっぷりの肉汁を含んだ「肉のムース」は生み出せません。なのでこのハンバーグだけは職人の「勘」と「素手(手袋なし)」でなければ未だに見極めができない最も難しいハンバーグです。おすすめはハッシュドソースで洋食風にいただくのがいいかもしれません。

情熱を注ぎ込んだハンバーグ
  • 毎朝当店で挽く新鮮な挽き肉

    当店では、毎朝その日の営業で使う挽き肉を丁寧に準備しています。肉は国産の黒毛和牛の厳選された部位を使用し、肉質によって挽きかたを「極粗挽き」「粗挽き」「細挽き」といった感じで分けて挽いております挽きかたを分けるのには理由があり、それぞれのハンバーグが生み出す食感を表現するにはやはり肉質に合わせた挽きかたがあると考え、当店では独自の挽きかた、独自の配合を行なっております。

  • 挽き肉への情熱

    ハンバーグの基となるミンチは新鮮な肉を使うというのは当然なのですが当店では

    「深みのある脂の旨味が強い中堕ちカルビ」
    「肉自体の美味しさがダイレクトに伝わり本来の食感を生み出すモモ肉」
    「上質な旨味と甘み生み出す和牛ロース」
    「上質な赤身の旨味とタンパクな味わいの希少部位イチボ」

    この4種類をそれぞれどのハンバーグにも使い分けて独自の調合をしています。

    それはどこの店もやっているのかもしれませんが当店はそれでは終わりません。

    同じ部位をしようしても挽き方(プレートの大きさ)で味わいは全く違ってきます。

    甘み、口当たり、歯ごたえ、深み、柔らかさプレートを使い分け配合することで当店にしかできない食感と旨味をひきだしています。
    ハンバーグブランドを生み出す努力は惜しみません。

    当店では3種類のプレートと厳選した4種類の部位を使い分けて最大12通りの肉の味わい(美味しさ)をひきだしています。
    その日の肉の状態(温度や筋の入り方脂のさし方)で挽き方を変えています。
    ここまでの情熱は他店にはなかなか無いいおりだから出来る追求だと思っています。

    正直なところとても手間のかかる作業なので本当にやめたくなりますが、手を抜いて妥協してその料理をお客さんに提供して気になり味見をすると気に入らなさ過ぎて手を抜いた自分に腹が立つのが嫌なのでどうしてもやめられません。

  • こねる工程はとても重要

    挽き肉をこねて形をつくる工程でもやはり重要なポイントがあります。肉質によって挽きかたを分けた挽き肉をあわせる作業は、永年の勘と研ぎ澄まされた神経の集中が必要となります。脂の割合によってはこねる作業をしっかり行なうものや空気の抜き方によって焼き上げたときの旨味の閉じ込めかたが違ってきます。

  • 焼き上げは最も神経を使う工程

    当店のハンバーグの薬味といっても過言ではない炭火焼による香ばしい風味上記の工程を経て最後の焼き上げは慎重に状態を見ながら行ないます。炭火には遠赤外線効果でお肉をじっくり焼き、やわらかくする効果もあります。炭火で表面をしっかり焼き上げ中はレアな状態で焼きます。

  • レアに焼き上げたハンバーグは熱々の鉄板でお好みの焼き加減に

    さまざまな工程を経てひとつひとつ手間をかけこのハンバーグの完成です。テーブルにお持ちした時点ではレアな状態でお持ち致します。あとは、熱々に熱した鉄板でお客様のお好みの焼き具合を調整できます。溢れ出る肉汁とほんのり香ばしい炭火焼の風味。「見た目」「音」「食感」「味」で最高のひとときをお過ごし下さい。


TEL0533-67-7878
お電話の際、ホームページを見ましたとお伝え下さい
営業時間
ランチ 11:30〜15:15(一時閉店)
  オーダーストップ14:00
ディナー 18:00〜21:00(金・土は21:30)
  オーダーストップ20:30
定休日 水曜日

自家製商品につき売切れ次第終了させて頂きます、ご了承下さい。

尚、ランチのご予約はam11:30のみ受付とさせて頂きます。
当日のご予約席には限りがございます。余裕を持ってお電話下さい。
営業時間中、電話が繋がりにくい状態になります、ご了承下さい。